前へ
次へ

投資用マンション、区分マンション投資

投資用マンションを考えるうえで、1棟丸ごと購入するのではなく、1室だけ購入する区分マンション投資についてご説明します。まずメリットとしては、初期費用が比較的少ないことです。数百万単位で購入できます。また土地の値上がり等でキャピタルゲインを狙って売却する時もスムーズにできます。その代わり家賃はほかの部屋のオーナーとの価格競争となるため、常に周囲に気を配る必要があります。老朽化による修繕を1部屋の判断のみでできない場合もあります。また、家賃収入が安定しないこともデメリットです。1棟購入と違い入居者がいなくなれば家賃収入がゼロになってしまい、次の入居者が決まるまでのローン支払を100%自己負担しなければなりません。資産に余裕のない場合は、区分マンション投資は控えるべきでしょう

低価格で山梨にて新築の家を施工できる会社
徹底した品質管理を行っているため、コストダウンしていますしお客様のニーズに合わせた様々なプランを提案できます。

愛知でマンションリフォームを依頼するなら

分譲マンションを購入しましょう

投資用マンションとして分譲物件を購入するかたが増えてきています。自身が住むためではなく、購入した物件のオーナーとなり人に貸して家賃収入を得るという投資方法です。余裕資金としてキャッシュをお持ちのかたのみでなく、ローンを組んで購入することもできます。返済は家賃収入を充当していくのです。もちろんリスクもあります。人気物件でないと空き部屋となってしまい、それでは収入がなくローンを返せなくなってしまうという事態になります。そうならないためには物件購入の際によく吟味する必要があります。投資というと、株やFXなどのように知識やテクニックが必要なものであると手が届かないイメージが多いですが、分譲マンション購入のみですので始めやすいというメリットが大きいです。

Page Top